益金と収益、損金と費用の違いをわかりやすく解説

スポンサーリンク
こんにちは、今日は資格試験の会計分野でよく聞かれることのある、益金損金、そして収益費用の話をしたいと思います。
まず、最初にこたえを言ってしまうと、益金、損金は税務会計上の収入と支出、収益、費用は企業会計上の収入、支出になります。
ではなぜわざわざこんな言い方をするのかというと、それは益金と収益は多々「一致しない」からです。
同じ取引を処理してるのに、どうして答えが違うの?おかしいじゃん、というのが今回の話の内容です。
少し会計の知識がないと厳しいですが、のんびり見てください。
6355351769_766503f534_z

税務会計と企業会計

まず、この話をするときに必要なのは「会計」の種類です。
会計とは会社のお金の計算ですが、目的によって異なる「会計」が存在します。
その代表例が「税務会計」と「企業会計」です

企業会計は「会社の実力を測定するもの」

まずわかりやすい企業会計から説明しましょう。企業会計の目的はその会社が「どんな実力があるか」ということを示すことにあります。
実力とはすなわち「利益」です。この利益は収益ー費用で求められます。この利益によって投資家や銀行、社内外の人に会社の実力についてわかってもらうんですね。
そのため利益を求める際の収益や費用はいかに「営業に関係性があるか」ということが条件となります。
交際費を例に見てみましょう。お得意様と居酒屋に飲みに行きました。これは営業上必要な支出ですよね。つまり企業会計上の計算に交際費は含まれます。

税務会計は「税金を正しく計算するもの」

一方、税務会計の場合は違います。それは税務会計の目的が「税金を正しく計算すること」にあるからです。
税金とはすなわち法人税ですね、そしてこの法人税は企業の所得にかかることになります。

所得とはなにかというと、これは企業会計でいう利益と似ています。益金ー損金によって所得が求められます。
しかし、利益と同じではなく「似ている」といったのには訳があります。というのも、先ほどの企業会計とは違い、所得を計算する際の益金・損金はいかに「公平性」があるか、が大事になってきます。

さきほどの交際費を例にすると、居酒屋の飲み代は非常に「あやふや」(娯楽でいったのか仕事でいったのかがあいまい)で、これを支出と認めてしまっては、なんでも申請してしまう人が増えてしまいます。(支出が増えれば当然利益は減りますから税金も減りますからね)

そこで交際費については税務会計上は支出とは認められません。(細かいルールはありますが省きます)

ここに企業会計の費用と税務会計の損金に差が出ましたね。このように同じ取引でも、企業会計は「会社の実力を測るため」税務会計は「正しく税金を計算するもの」という目的の違いから、両者が一致しないことがあるんです。

 交際費以外の例

あとは、受取配当金も税務と企業会計で違ったりします。

というのも、配当金はそもそも配るときに「利益から法人税を引かれた税引き後利益」から配られることになるのですが、こうして法人税が引かれた利益を配った配当金に対して、税金かけたら二重課税じゃないか、という話になります。

わかりやすくいえば、A会社がトヨタ株買いました、トヨタはすでに税金払ってそっからA会社に配当はらったのに、またA会社の受取配当に税金かけたら、税金二回取ってるじゃん、ってなります。

だから受取配当金は税務上の「益金」には入りません、しかし企業会計上は受取配当も経営者の実力ですから「収益」にいれます

まとめると

益金=税務会計上の「収入」
収益=企業会計上の「収入」

損金=税務会計上の「支出」
費用=企業会計上の「支出」
税務会計は「正しく税金を計算するもの」企業会計は「会社の実力を測るため」
ゆえに
もっと知りたい方は、「一時差異 永久差異」等で調べることをおすすめします。
それでは今日は簡単にここまでです。読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です