20代30代で太っている人は、将来のために速攻でジムに入会したほうが良いという話。

スポンサーリンク

こんにちは、今日は少し過激なタイトルになってしましましたが、いつか書こうと思っていた、健康と年齢についてのお話しです。

というのも、あまり言いたくはありませんが、「30歳になるまでに、肥満を解消しているか」ということは、皆様が想像している以上に、後から後悔しても取り返せないほど、非常に重要な事実なのです。

11484850125_b5ab716925_zJose Antonio Anka

もちろん、何歳になってもダイエットに挑戦したり運動を始めることは素晴らしいことです。それで成功したという方ももちろんいるでしょう。

しかし、生理学的には、30歳を過ぎてから健康な体を手に入れることは非常に難しくなっています。

今日は、この理由について話していきます。

なぜ太っているとまずいのか

まず、どうして太っているとまずいのか、という話をしていきます。

「ファッションが似合わないから」とか、「運動が楽しめない」とか、人それぞれあるでしょうが、

私は、「肥満は万病のもとだから」これが一番太っているとまずい理由と考えています。

ではなぜ万病のもとなのでしょう?決してなんとなくで言っているわけではなりません。

肥満は万病のもと

というのも、生活習慣病と言われる、社会人が苦しみやすい病気・症状をいくつかあげると

「糖尿病」「高血圧」「心筋梗塞」などがあります。これらは以下のようにすべて肥満と関連性が強いです。

太っていると、食事量も増え、また内臓脂肪で消費するインスリンが増え、「糖尿病」になりやすくなります。

太っていると、血液の循環が増え「高血圧」になりやすくなります、血中コレステロールが高くなり「脂質異常症」になると、さらに「高血圧」になりやすくなります。

そして「糖尿病」「高血圧」になると、「心筋梗塞」になって命を失うこともあります。

つまり、脅すわけではないですが、肥満が病気を誘発し、そしてその病気がさらに肥満にさせたり、あらたな病気を誘発する。

完全に悪循環に陥ってしまうのです。

病気はホントに怖い

それから、若い人に多いことですが、そもそも「病気の怖さをわかっていない」という人も多いです。

いままで大きな病気もなく、健康だった人。そういう人ほど体育会系でノリもよく、飲み会はしょっちゅう….

食欲も旺盛で知らない間にコレステロールがたまってきていても

「ま、大丈夫でしょ!」

こんな感じです。でもそれ、ホントに大丈夫でしょうか。

40歳で心筋梗塞、糖尿病になる人生

もし、上記のように「大丈夫だろう」という方がいたら、想像してみてください。

あなたが10数年後、40歳。子供が小さかったり、育ち盛りで一番大変なそのとき

心筋梗塞で倒れてしまったら。

もしくは、あなたが大きな仕事を任されるようになり、ビジネスマンとして波に乗っているとき

「糖尿病です」と言われてしまったら。

心筋梗塞で倒れてしまったらその間仕事ができませんし、糖尿病の病気になった方は、未治療だと90%の人が網膜症を発症します。

網膜症は進行すると失明につながります。怖いですよね。

病気になってから多くの人が思い知るのです「健康が一番大事だった」と

一応ですが、以下に明治生命さんが出した、体重別の死亡率を載せておきますのでご参考ください。(やはり肥満が病気→死亡につながりやすくなっています)

体重別死亡率

20代30代のうちに、痩せておいたほうが良い理由

さて、それではここまで長めに病気の怖さを説明しましたが、そろそろこの記事のタイトルである、「じゃあなぜ20代30代にジムに行った方がよいのか」という話をしたいと思います。

経済的に余裕が出てきてからでいいじゃん。

そう思う気持ちもわかります。しかし生理学的に実は30代は大きな意味を持っていて、あとからじゃ遅い、「今じゃないとダメ」な理由があるんです

30を過ぎると痩せにくい理由

こちらは、文部科学省が出しているデータですが、筋力というのは年齢とともに大きく下がっていきます。

年齢別筋力

特に男性は30歳から、女性は40歳からの筋力低下が著しく、ピーク時の75%程度まで下がってしまいます。

そして、筋力があるかないかと肥満かどうかについては、一見関係ないように見えますが、

現在太っている人が痩せようと思うと、「摂取カロリーを減らす」か「消費カロリーを増やす」のどちらかになります。

そして、この「消費カロリーを増やす」については、ご自身の筋力が大きく影響してくるのです。

基礎代謝が下がり、何よりも運動が続かなくなる

まず、筋力が低下してくると、基礎代謝が大きく低下します。

学生時代つけた筋力で、たくさん食べても現状維持できていた人は、これが高かったからです。

しかし、もうそれも通用しなくなります。

さらに、40歳からダイエットでランニングしよう、そう思っても、筋力が下がっていてまず長時間走れません。

心配能力も落ちますし、ランニングの翌日は筋肉痛で動けないなんて、良くある話です。

つまり、ダイエットを本格的にするには、筋力が落ちた30代後半~では、圧倒的に効率が落ちてしまうのです。

楽しむ、ではなく「痩せる」ためにジムにいくなら、パーソナルトレーニングジムがおすすめ

では、ここまで「なぜ肥満は早く解消したほうが良いか」と「ダイエットをするなら若いうちに」ということを述べてきましたが、

最後に、「じゃあ結局どうしたらいいのさ」という耳を傾けてくださった方に、方法の話をしていきます。

5032806682_861279d6d5_z

まず、一番のおすすめはパーソナルトレーニングです。「ライザップ」とかで有名な、マンツーマンで見てくれるフィットネスジムですね。

もちろん普通のマンツーマンでないジムでもいいのですが、個別のジムのほうが以下のようなメリットがあるんです。

・周りの目がきにならない(個室でトレーニングできる)

・トレーナーが優秀(大手ジムだと立地や大きすぎる施設でトレーナーに回すお金がありません….)

・トレーナーが自分だけを見てくれる(上記と同じ理由)

・↑だからこそ妥協ができない。「やっぱりやーめた」が良い意味でできない。お金も払っているし

・普通のジムはなんだかんだ言って痩せてる人が多くアウェー感がある。比べて個別だと、これから痩せる本気の人しかこないので、今太っていてもなにもおかしくない。

とこんな感じです。かなり多くのメリットがあるかと思います。

固定観念を捨てる

しかし、パーソナルトレーニングジムは「なんだかちょっと怪しい」という気持ちがある方もいるのではないでしょうか。

実際私もそうでした。でもよくよく考えると、大手のジムだと、自分自身も勤務していて、一人のお客様にべったりって難しいんですよね。お給料も低いし。

そのいわば片手間のような指導状態で、お客様がやせられるかと言えば、ジムで働いたことのない方でも、難しいと気が付くと思います。

月1万のジムに2年かかってやせるかどうか、、、よりも、確実に今、30万で本気でやせる!

このコンセプトって、今太っていて本気で痩せたいと考える方々であれば、意外とコストパフォーマンスに優れているんですよね。

ライザップは高いので、おすすめは、「24/7ワークアウト」

とはいえ、30万円はちょっと….という方には「24/7ワークアウト」がおすすめです。(トゥエンティーフォー ワークアウトと読みます、ややこしいですね笑)

パーソナルトレーニングジム-24/7

2ヶ月間 全16回のコースというところはどちらも同じですが、

ライザップが入会金 50,000円+ コース料金 298,000円の 34万8000円なのに対し、

「24/7ワークアウト」は入会金 38,000円 +コース料金196,000円の  23万4000円と非常に安いです。

また、実はライザップでは有酸素運動(脂肪を燃やすランニングなど)はやらず、筋トレメインですが、

「24/7ワークアウト」では有酸素運動設備も備えているので、「女性でもガッツリ痩せたい」という方にはかなりおすすめかな、と思います。

ご興味のある方は下記リンクからどうぞ

パーソナルトレーニングジム-24/7 Workout-公式サイト
それでは今日はここまでです。

2か月本気を出せば、一生変わる。

未来の健康と、そしてかっこいい自分のために!!!頑張りましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です