B型同士からA型が生まれる?そんな不思議をイラスト付きで解説!!

スポンサーリンク

今日は血液型について、おもしろい話があるので解説していきます。

ちょっとした雑学として知っていると、友達に自慢できるかもですね。

血液型とは?

それでは、そもそも血液型についてよくわからない人のために、簡単に基礎知識をご紹介。

まず、血液型は皆さんの細胞の核にある「遺伝子」によって決まります。そしてこの遺伝子には、以下の3つの種類があります。

A遺伝子・・ピーンとまっすぐ

B遺伝子・・途中までまっすぐ、後半グネグネ

O遺伝子・・途中で途切れてる

ABO

そして、これら遺伝子のうち、2つが組み合わさって、私たちの血液型は決まります。

例えばAとAの遺伝子がくっつくと

A

となります。では問題、AとOの遺伝子がくっついている人の血液型は何型でしょうか?

Ao

正解はA型です。これはOの遺伝子が劣性遺伝子という特性を持っており。優性遺伝子であるAやBとくっつくと

「どうぞどうぞ」とAに譲ってしまいまうからなんですね。

それじゃあO型はどんなときになるの?というと、このOの遺伝子が2つくっついたときです。

o

このとき血液型はO型となります。

そして、もうお分かりだと思いますが、AB型はというと

AB

このようにAとBの遺伝子がくっついているんですね。

つまり、これらの型をふまえると、以下のように、血液型は細かく分けて6種類に分けられるんです。

itirann

本題

さて、ここまではご存知の方も多かったと思いますので、そろそろ本題に入りましょう。

まず、単純な疑問として、私たちはどのようにして、お父さんお母さんから血液型を受け継いだのでしょうか。

よくある間違いがこうです

matigai.

お父さんは2つ持ってるし、お母さんも2つ遺伝子持ってる。

これらを受け継いだ私は4つの遺伝子をもってるんじゃないの?

やばいですね。この法則でいくなら、あなたの子供は8個の遺伝子を持つことになります。おかしいです。

そこで登場するのが「減数分裂」ですね。

減数分裂とは

さっきの例のように、子供の血液型遺伝子が4つになってしまうと、おかしいことになってしまいます。

なんとかして子供の遺伝子を2つに収めたい・・・そこで体は減数分裂ということを行います。

これは「自分の遺伝子を子に受け継ぐ時は、半分に切ってから渡す」というものです。

gennsuu

こうすることで、父から1つ、母から1つで、うまく子供には2つだけ受け継がれることになるのです。

(ちなみに、分裂したうちのどちらが子供に受け継がれるかはランダムです)

tadasii

遺伝子組み換え

しかしこの減数分裂、たまーーに変なことが起こります。それが「遺伝子組み換え」です。

遺伝子というのは細胞の核の中でうにょうにょしてるんですが。

これらがいざ「よっしゃそろそろ減数分裂や、二手に分かれるでー!」と思ったときに絡まってることがあるんです。よくあります。

nejire

「絡まっちゃった・・・」

しかーし、こんなときは無理やりそこで真っ二つにします。

bunnri

こんな感じですね。でもこれがAA型のときならいいのですが、下のBO型の場合はおかしなことが起きてしまいます。見ていきましょう

さっきと同じようにBとOが絡まってますね。よーし、このまま真っ二つだ!

よし!完成!・・・ん?おかしいな、

Oの方は先っぽがBのようにグネグネだし、Bの方に至っては、これなんか・・・「A型の形」になってない!!??

そうなんです。これが怖いことなんです。このようにBOの人は、遺伝子組み換えが起こった状態で減数分裂すると

Aの遺伝子が作られてしまうことがあるんです。(ちなみにこのときOの遺伝子ですが、後半グネグネでも問題ありません。というのも途切れているのでその先は認識しないからです。)

だからB型同士の男女が結婚した時、本来は

BB×BB=BB

BO×BB=BB or BO

BO×BO=BB or BO or OO

B型かO型しか生まれないはずなのに。なんと

A型の子供が生まれることがあるんです!!!

旦那さん、「この野郎!どこで遊んできやがったんだ!!」なーんて言っちゃあいけません。

偶然ですが、こんなことがありえるんです。おもしろい(?)ですよね。

まとめ

今回は血液型について書きましたが、これは昔からすごーく書きたかったものなんです。だっておもしろくないですか?

マッドな香りがプンプンですよね。でも本当に人間のからだはよくできています。ある話だと、人間が生まれる確率は、箱の中に高級腕時計の部品を1つ1つバラバラにしてガシャガシャ振ったら、偶然完成していたくらい偶然な出来事だそうです。(なんじゃそら)

ということで、今日はここまで、さようなら~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です