反応の悪いタッチパネルは爪で押せ!実は2種類あるタッチパネルをスマートに乗り切る方法

スポンサーリンク

こんにちは、今日は皆さんが普段よく使う、タッチパネルのお話です。

スマートフォンが普及して、今やどこでも見かけるようになったタッチパネル

駅のきっぷ売り場もそうですし、車のカーナビや銀行のATM、変わった例では冷蔵庫にもタッチパネルがついています。

6149127107_5df0fb8733_z

しかし、このタッチパネルが普及したことによる「あるある」なのが

反応しない!!!

スマホなどでは起きませんが、コンビニのコピー機などで、

何度押しても反応が悪く、ギューーーっと強く押して、やっと反応することも

そんな経験ありませんか?

実は2種類あるタッチパネル

はい、実はこれ、ちょっとしたカラクリがあるんです、というのもタッチパネルには2種類存在していて、

1つは「電気に反応する」タッチパネルと、もう1つは「圧力に反応する」タッチパネルとなっています。

そして、皆さんを苦しめていたあの反応の悪いタッチパネルは、後者の「圧力に反応する」タッチパネルだったのです。

電気に反応するタッチパネルは高い!

では、まず「電気に反応するタイプ」の簡単な説明です。

皆さんのお手元にあるスマートフォンがそうですが、この「電気に反応するタイプ」では、画面に指で触れると、皆さんの体に流れている微弱な電流を、内臓されているセンサーで感知し、タッチした正確な位置が把握されます。

指を画面に近づけるとセンサーが反応するため、最近のiPhone に搭載された「3D Touch」のように、画面に接触する寸前でポインターを動かすような操作も可能です。

すなわち、軽~~くタッチしただけでも、見事に反応してくれます。便利ですね。

しかし!弱点としては指以外の電気の帯びていない棒などでは反応はしないことと、

なによりこのタッチパネルは高く、簡単には導入できません。そこで一般的に広がっているのが、次の「圧力に反応する」タッチパネルとなります。

圧力に反応するタッチパネルは反応が悪い!

では、圧力に反応するタッチパネルの説明です。

こちらは先ほどとは違い、人体の微弱な電気を利用するのではなく、タッチパネルが押されてへこむことで、押した場所が認識される仕組みになっています。

ちょっと言葉だとわかりずらいので、EIZO株式会社さんの記事「 なぜ画面に直接触って操作できるのか?」の画像を引用させていただきますと、下の画像のようになっています。

tm_1009touch_03EIZO株式会社 第8回 なぜ画面に直接触って操作できるのか?――「タッチパネル」の基礎知識 http://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_08/

つまりですが、このタイプは電気など一切関係なく、指だろうが棒だろうが圧力をかければ反応します。

ということで仕組みは簡単なため安いです。

私の見てきた例ですと、コピー機のタッチパネル、液晶付き体重計の画面、飲食店などの券売機、がこのタイプのタッチパネルを採用していました。

安い圧力タイプは爪で押せ!!!!

もうおわかりでしょうが、この圧力感知タイプのタッチパネルは、スマホのように優しくタッチしても反応してくれません。無視されます。

その割に安価なので結構いろいろなところで採用されていて、私たちの親指を虎視眈々と狙っています。

しかし!そこで、おすすめの方法が、「爪で押す」です。

圧力というのはは接地面が小さいほど大きくなりますから、指の平で強く押すよりも、爪で「トンッ」と叩くようにタッチすれば、

タッチ

驚くように反応してくれます。

もう今まで反抗的だった安物タッチパネルが、急に言うことを聞いてくれるのです。

もうこの方法を知ってからというもの、自分はタッチパネルを外出先で触るたび

「お前は爪で反応するタイプか??!!」とひそかに期待し、そうであれば

「よしよし、俺はわかってるぞ」とニヤニヤしています。

 

皆さんも、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です