初心者向け「会計・経理」ってなんだ

スポンサーリンク

今日は会計の話をします。というのも、この時期は新卒で入社をした新社会人の皆さんが、会計についていろいろぶちあたる時期でして、

全然経理と関係ない仕事のひとでも、「我が社の売上は…」とか「経理の人にこれ渡しといて」とかよく聞くようになりますし、

ましてや、会計事務で入社したけど、これから簿記を勉強する、なんて人も意外と多いと思います。

5868146443179

しかし、私自身そうでしたが、会計について勉強するにあたっても「そもそも会計ってなんだ」が理解できているといないとでは、学習効率に天と地ほども差が出てしまうのです。

そこで、今日は会計に初めて触れる人向けに、「そもそも会計」とはというお話しをします。この記事で会計のすべてがわかるわけではありませんが、この記事の内容をふまえて教科書なりWEB検索するなりすると、学習がスムーズかと思います。

そもそも会計とは

会計とは、わかりやすく言えば「社の家簿」

みたいなものです。経理は、会計をつけるお仕事のことを言います。

ですので、会計や経理に個人事業、法人(会社)は関係なく、ビジネスをやっている(=開業届を出すか、法人設立をした人は皆)会計を行います

会計の目的

さて、ではその会計について知る前に、目的について知っておきましょう。

会計(会社の家計簿)を行う目的は主に3つです。

①税金計算のため

②お金の管理をするため

③外部に公表するため

大事なのでひとつづつ見ていきましょう

①税金計算のため

まず、一つ目の目的は税金計算です。個人事業であれば「所得税」、法人であれば「法人税」が利益(売上ー経費)に対してかかってきます。

なので、会計で日々の入金出金を付けないと、その「利益」の額がわからず、納税することができません。ですので、個人事業や法人は皆「会計」を行います。

※自分で計算できない人は、税理士事務所に任せてしまう方もいらっしゃいます。

②お金の管理をするため

次は二つ目です。先ほどは納税のためでしたが、会計は「自分たちで経営状況を把握する」ためにも必要です。

いまどれだけお金が残っているのか、売上高は下がってきてないか。そんなことを会計から把握します。

ただ、こちらは先ほどの納税と違い、別にやらなくても問題はありません。中には経営者の勘で乗り切る人もいるでしょう。

しかし、そういう企業が生き残っている例は…..言わずもがなというところです。

③外部に公表するため

最後は、外部公表用です。上記2つはイメージしやすいですが、ここは意外と知られていないで少し詳しく話すと

そもそも皆さんがよく目にする「株式会社」という言葉は、

「設立するとき、お金がない。しかし株を発行し、それを応援したい人が買って、集めたお金で会社を経営する」

という法人(会社)のことを指していて、うまくいかなくて破産しても責任が分散されるので、いまや90%以上の会社が株式会社となっています。

 

で、ここで問題になってくるのが、応援している人からしたら、気になるのは、会社の成績です。

応援したからには、ちゃんと頑張っているか気になりますし、

業績に応じて配当金も配られるので、成績は重要です。

しかし、そんな時に「だいたいこれくらい」じゃ怒られます。

そこで、会社は「こんな成績でした」と外部公表のために、会計をつけることになります。

会計のゴール地点

では、上記3つの目的のために、どんな書類を会計で作る必要があるのか、見ていきましょう。(法人も個人事業主も基本は同じです)

重要なものだけ列挙するので、簡単に眺めるだけでOKです。

決算書・・・会社の成績表のこと、中身は「貸借対照表(B/S)」と「損益計算書(P/L)」に分けられます。

貸借対照表(B/S)・・・会社の「現在持ってる財産」を表す書類です。「現金」とか「建物」とかの資産項目ごとに記入します。また、マイナス項目の「借入金」(=借金)などは、マイナスの財産として差し引かれます。ただ、貸借対照表は財産の評価のみで、会社の収益力は表していません。簡単に言えば、大金持ちのニートみたいな企業は、収益力0でも、財産が多いので貸借対照表がすごく良くみえます。

損益計算書(P/L)・・・会社の「今年の収益力」を表す書類です。「売上」とかの収入項目や「仕入高」とかの支出項目に分かれます。先ほどの貸借対照表とは違い、「今年」だけの収益力を見るので、大金持ちのニートみたいな企業は、いくらお金を持っていても今年の稼ぎ0なら損益計算書はひどいです。逆に今は貧乏でも徐々に利益を出しているベンチャー企業なんかは、この損益計算書が良くみえます。

どんなときに貸借対照表と損益計算書は使うのか

先ほどの目的に照らし合わせますと、損益計算書を見れば今年の利益がわかりますね。その利益額から、①税金の額を計算、したり、また②や③で会社の成績として、内部で利用or外部に公表することになります。また、貸借対照表についても②で自社の現金がいくら残っているかが把握できますし、③で応援している人からしたら「まだこの会社は体力が残っているか」などを知ることができます。

毎日の作業

では、ここから実務よりの話をしていきます。そこまで知らなくていい人はここまでで大丈夫です。お疲れさまでした。

少しおさらいしますと、会計は①税金計算②内部利用③外部公表、のために行う会社の家計簿付けのことで、経理の仕事はそこで必要となる「貸借対照表」と「損益計算書」が入った決算書を作ることでした。

では、「貸借対照表」と「損益計算書」を作るために、日々どんなことをしなくてはならないのでしょうか。

昔は大変だった

PCが普及する前の一昔前では、経理は毎日、紙の「帳簿」にペンで取引などを記録していました。

しかもその時の「帳簿」は一冊ではありません。

メインの帳簿でである「仕訳帳」から

現金の流れを記帳する「現金出納帳」

売上を把握する「売上帳」

その他にも驚くほどの帳簿がありました(覚える必要はありません)

もし現金で売り上げがあれば、「仕訳帳」と「現金出納帳」と「売上帳」の3つに記帳をしていたんです…想像したくないですね汗

でも、なんでこんなにややこしいかというと、帳簿を分けておけば、一つの帳簿で間違いがあったときに、両者を比べて修正したり、また売上だけ見たい時は「売上帳」を見るなどの使い方ができたからです。

今は会計ソフトに任せておけばOK

でも、安心してください、今は違います。会計ソフトが普及してきまして、さっきの例でいきますと

「現金で商品を売った」と入力すれば、いっぺんに「仕訳帳」と「現金出納帳」と「売上帳」の3つに記録することができます。

簡単ですよね。逆に歴史ある会社は手書きでやっていたりしますが、時間と担当者の給料がもったいなさすぎるので、

パソコンがないなど、よっぽど特殊な場合でないかぎり、会計ソフトを使ったほうが絶対にいいでしょう。

会計ソフトに入れる内容一覧

では、いったい経理はどんな内容を会計ソフトにいれればよいのでしょう。

基本的には毎日の「売上」と「経費」を入力していくことがメインです。

売上は現金ですとレジ締めと同時にやれば簡単ですが、口座振り込みの売上なんかは定期的に通帳記帳が必要ですね。

経費は現金払いの領収書管理に多く時間がかかるでしょう。1枚1枚ノートで貼って管理する方もいます。

税理士事務所との契約ってなんで必要なの?

経理として入社したり先代からビジネスを引き継いだ場合など、「あれ?なんでうちって税理士事務所と契約しているんだろ?」と疑問に思うことがよくあります。

ですので、ここでは税理士事務所との関わり方について書いていきます。

税理士の仕事は納税のサポート

そもそも、税理士の仕事は「納税のサポート」となります。ですから、別にサポートなしでも納税できる人は、税理士と関わる必要はありません。

しかし、どうしてこんなにも税理士事務所と契約している人が多いかというと、①「決算書を作るのが手間」であることと、②「納税申告書」の書きづらさにあります。

①の決算書を作るのが手間、というのは、先ほど言いました「貸借対照表」と「損益計算書」の作成が面倒ということですが、例えば一人社長なんかがいい例ですが、あまりにも忙しくて会計ソフトすら触る時間がない、とか、取引が複雑で市販の会計ソフトでは対応できない、などが理由として挙げられます。

また、②の「納税申告書」の書きづらさとは、実は会計のゴールは決算書作成と言いましたが、納税のためにはその決算書の利益の額に応じて税率をかけて、「納税申告書」を書かなくてはいけません。(個人事業主の場合、これを「確定申告」と言いますね)

しかし、やっかいなのがこの税率の計算です。毎年税法は少しずつ変わり、例えば特殊な助成金を受け取った場合の税金の計算や、赤字が出てしまった時の計算なんかは、素人が調べてどうにかできる部分ではありません。

ですので、この手間を省くため、税理士に依頼する、ということですね。(+で経営コンサルも依頼する場合などもあります)

契約形態はピンキリ

とはいえ、「決算書」(貸借対照表と損益計算書)が完成していない状態で税理士に依頼する場合と、決算書は完成した状態で「納税のみ」依頼する場合では、当たり前ですが金額は違います。

また、決算書は作れないけど、領収書の管理だけは自分でやる。なんていう契約形態もあります。なので価格自体はピンキリですね。

新しい経理社員が増えたり、少し余裕が出てきたら、税理士事務所との付き合い方を再度見直すことは非常に重要です。

会計特有の考え方

それでは、ここまで読んでいただいた方は、おおむね会計について枠組みが理解できたと思います。

ここまでのことを意識して勉強すると、非常にはかどると思いますよ。

では、最後に会計特有の話をして終わりにしたいと思います。

会計は、発生主義

○○主義、なんていうと難しそうですが、簡単です。

会計では、物事が起こった時に、それを認識する、という意味です。

・・・・・

「?」ですよね。簡単な例を出します。個人事業主の場合は12月末で1年を締めますが(法人は何月でも自由)

小売業を営む個人事業主が、12月中に商品を発送し、1月にその入金がある。という場合ですと、12月か1月、どちらの「売上」になるでしょう。

正解は「12月」です。

12月に売り上げがすでに確定しているので、これは12月の売上として計算します。

このように、会計の世界では、発生主義という、わかりやすくいえば「請求書を発行したとき」もしくは「請求書を受領したとき」に売上や経費を計上します。

減価償却という考え方

もう一つ重要な考え方に「減価償却」(げんかしょうきゃく)があります。

これは、さっきの発生主義と似ていますが、「300万円の社用車を買った」場合において、経費はいくら入れるのが適切だと思いますか?

これは、購入初年度に一気に300万円入れてしまうと、発生主義的に考えると「1年目で300万円分消耗した」というおかしなことになってしまいます。

通常車は数年は使えますよね。

なので、こういう「10万円以上の物」を購入した場合は、法律で決められている「耐用年数」にわたって、経費を計上します。

自動車ですと4年ですので、300万円÷4年で75万円を毎年経費にしていきます。

このように、購入時に一括経費にはせず、耐用年数で少しずつ経費計上するルールを「減価償却」といいます。

 

ただ、会計ソフトをつかっていたらこの操作は比較的簡単で、マニュアルに従えばだれでも簡単に行えます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です